うめこのぽやぽや話

女学生がアイドルとサブカルと自分のことを語るだけのブログ

日本代表アイドル モーニング娘。

うめこです。

さて、今日は現在進行形で推しているモーニング娘。について!

長くなりそうな予感…

 

モーニング娘。との出会い

私がモーニング娘。と出会ったきっかけは、アイドル好きの友人が推していて、話を聞く機会があったから。

 

私はファンの民度が高ければ高いほど、そのコンテンツに対して好印象を持つ、単純なタチ。その友人がすごく純粋にこのグループいいよ!って楽しそうに話してくれたおかげで、モーニング娘。への印象も初めから最高でした。

 

黄金期

さて、モーニング娘。と言われて、まず誰が浮かぶでしょう?私の予想は、ゴマキ、なっち、辻加護あたり。私もハマる前まではそうでした。

この辺りのメンバーが在籍していたのが、いわゆる黄金期。ゴールデン!!

モー娘と言えばの、LOVEマシーンや恋愛レボリューションが生まれたのも黄金期までの頃。

このころのモー娘って、ほんっとに色んな人がいたんですよ。

きれい系もいれば可愛い系もいて、バラエティ担当もいる。身長もバラバラ。こういうところで今のアイドルとは一線を画すわけです。一人ひとりが本当に強い、日本代表のアイドルって感じ。リアルタイムで黄金期見てたかったなあ。年齢的に覚えてないだけか。

 

プラチナ期

人気絶頂の黄金期を築いたメンバーが卒業していき、モーニング娘。はだんだんと勢いを失っていきます。黄金期の後、5期6期を中心としたのがプラチナ期。

プラチナ期のエース・高橋愛さんは、ハロプロの歴史の中でも歌唱力で3本の指に入るほど、歌がお上手。モー娘を知る前はムシューダの印象しかなかったです。すみません。笑

そのムシューダのCMだってちゃんと聞けばめちゃくちゃ歌上手いんですよ。美人さんだし、最強アイドルです。

 

プラチナ期は、ゴリゴリの実力者がせめぎ合ういわばプロ集団。MVで曲聞くだけでも、歌のうまさがよくわかります。気まぐれプリンセスなんて特に!!ちょっと歌詞がアレだけど。笑

 

9期の加入、その後

プラチナ期も終わりの頃、加入したのが9期生でした。この9期の中に、伝説となる(?)メンバーがいたんです。

鞘師里保さん。通称りほりほ。

 

エースといえばこの人ですね。

歌がうまいのはもちろん、りほりほはダンスがヤバイ。オーディションの時点で、ダンスがバキバキにキマってる。1人だけオーラが違うんですよ。つんくさんに「現メンバーもうかうかしてられない」とまで言わしめる逸材!

 

その鞘師さんも卒業し、現在9期は残り2人。

今は15期まで加入していて、総勢14人のメンバーがいます。

 

変化の絶えないグループ

モーニング娘。という名前は、もう20年前から使われているもの。それゆえ、同じグループ名でも時期によってメンバーが全然違うわけです。モー娘が好き、と一言言うだけでも、その次にはいつのモー娘?って聞かなきゃいけないくらい。

 

私は全年代好きです。グループの雰囲気も曲調もバラバラだけど、全部好きです。

でもやっぱり、1番応援したくなるのは今のモー娘。

モー娘が好き、と言うと、モー娘ってまだやってるの?って高確率で言われます。ちょっと悲しいけど、今のモー娘はすごいですよ。

パフォは基本生歌だし、ソロでデビューしてほしいくらいのメンバーもざらにいます。ダンスはバキバキ、体力おばけ、そして他のグループに負けず劣らずの可愛さ。全部揃ってるんです。衣装がダサ…個性的なのは考えものですが。笑

 

長くなってしまいますが、最後におすすめ曲を。

「わがまま 気のまま 愛のジョーク」

って曲。

どこのアイドルの歌詞よりも、リアルなんです。めちゃくちゃ病んでるわけでも、恋愛サイコー彼を射止めろ!ってわけでもない、「愛されたい!!!」って叫ぶ曲。そりゃ人間だれしも愛されたい!!愛されるより愛したいってか格言もあるけど、やっぱり愛されないよりは愛されたい!!本音はそうですよね。

 

今日はここまで。

明日は日向坂46について!キュン!